2008年12月/ 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.12/10(Wed)

幸せの桃(*ノωノ)

彼氏と別れました

胃潰瘍になって髪の毛とか抜けて

体限界MAX…Fuuuuuuuu

別れはとても辛いけど、

それでもまた桃は恋をしたい

今までは妥協の連続だった気がする…

でも、一緒に過ごした時間を後悔したくない

でも、好きとか愛してるで世の中まわってくれないから

桃なりにたくさん悩んで出した答えだと思う

幸せな時間をありがとうでした




今、桃は脱にーとしました

最近は忙しくて忙しくて…

メイプルする時間も日記書く時間も滅多にとれない…

仕事続いてるのには、皆びっくりの…

桃が一番びっくりだけど

ニートは4分類されてますけど…

間違いなく桃はヤンキー型ニート

ヤンキー型ニートは食うに困れば働きだすらしい

ここ1年親の援助をあまり受けずにニートしてきました

援助は…男から

最低限の生活でも保てたけど

やっぱり桃は限られた時間を

美しく生きたい

やりたい事死ぬほどある

ハッキリ言って男と遊んでる時間なんかねーよ

今まで長い間…仕事まともに続いた事ありませんでした…

1日どころか数時間で

『何で桃がこんな事しなきゃいけないわけ?( ゚д゚)、ペッ』ってな感じで

吐き捨てて逃げて逃げての連続。

多分理想の職場とか仕事を探し続けていたんだと思います。

世の中なんでこんな事しなきゃいけないわけ?って事しか

ないんだと思う。。。

塚そう思ったら終わりなのかもしれない

そして桃に良くしてくれる人がいたら

『この人は何のために桃に良くしてくれるのか』

裏の裏まで考えて…すっごいマイナス思考…

人の悪いところなんて見ようと思えばいくらでも見える。。。

いや、普通にしてたら悪いところしか見えないかもしれない。

その悪いところの500倍、いいところを探していく。

考えるだけ無駄だって事にやっと気付いたんです。

知らなくていいところまで詮索していたと。

楽しい事ばっかりじゃありません。。。

仕事も怒られてばっかりだし、

泣く事もあります。落ちる日もあります。

でも…辞めたいとは思いません。

もう何からも逃げたくない

毎日寝る時に、

今日も1日幸せでした

明日も1日幸せな日でした

そう思って眠りにつく。

HAPPY PEACHを忘れないです





人間って“不満”があります。

その“不満”って…

自分の思い通りにいかないことが“不満”。

でも、“不満”があるからこそ人間なんです。

例えば、夫婦。

旦那が真面目な人間だと

『おもしろくない人ね』とか言って、

旦那が遊んでると、

『ふざけた男だ』と言う。

でも一生懸命働いて、お金を稼いでも、

『お金さえ稼げばいいもんじゃないでしょ』と言われ、

例えば旦那が総理大臣になったとしても、

その奥さんは不満がある。

『大臣になって偉そうな事言っても自分ひとりじゃ何も出来ないでしょ』と。

つまり言いたい事はどんな状況でも

人間は不満な生き物。

その不満を嘆くだけか、解決しようと動くか。

そこなんですよね。

桃は間違いなく嘆いてるだけの人間でした。

何をしてても不満で不満でしょーがなかった。

他人から見れば満ちたりた生活だとしても、

あれがない、これがない

あれをしてくれない、ここが足りない

こんな事しか言いませんでした。

華は

“好きな人と一緒にいても幸せ”だけど

“ココア飲んでる時も幸せ”

幸せにもたくさんあるんだなといいました。



幸せは“なる”ものじゃなくて

“気付く”ものなんですよね。

華はもう気付いてるよね

お金持ちだから幸せ、とか

素敵な男と結婚したから幸せ、とか

そんなのは違う。

○○だから幸せ、それは多分一瞬。

幸せは形じゃないんですよね。

多分そんな幸せの形に入っても、

また別の不満が出てくる。

多分、不幸を数える方が簡単で、楽なんですよ。

幸せな事なんてたくさんある。

桃は毎日小さな幸せを数えて生きたい。

このブログを見て下さった皆さんも、

幸せに生きて欲しいです。




スポンサーサイト
13:35  |  未分類  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。